クラミジアは自覚症状がない恐ろしい病気です。自覚症状がないことの何が恐ろしいかというと、感染していることに気づかないまま性交渉を重ねてしまうことです。そうしてクラミジアが大規模な性感染症となってしまうのです。

自分の知らない間にクラミジアにかかってしまっていて、性行為を控えるか悩む女性

咽頭クラミジアの感染経路で最初に疑われるのは食事

数ある性病の中でもよく耳にするのがクラミジアです。実はこのクラミジアは喉にも感染することがあるのです。喉に感染したものを「咽頭クラミジア」と言います。その他にも口や喉に感染する性病はいくつか存在します。
咽頭クラミジアの感染経路として多くの人が最初に疑うのが「食事」です。感染者が飲んだ飲み物を回し飲みしたり、同じお皿をつつくと感染すると思う人が多いのですが、それは間違いです。食事からは感染しません。
主な感染経路は口であることに変わりはありませんが、それは粘膜同士の濃厚な接触があった場合です。可能性として高いのがオーラルセックスを行った場合です。男性器と女性の口が接触することで女性の喉に感染するというものです。反対に女性器に男性の口が接触することで男性の喉に感染するという場合もありますが、どちらかと言えば女性の方が感染する比率が高いというデータが出ています。
またディープキスも感染する可能性があります。お互いの粘膜が濃厚に接触する行為だからです。唇が触れるほどのフレンチキスの場合は心配ありませんが、舌同士が接触すると感染する可能性が高くなります。しかしあくまで可能性があるというだけの話であって、どちらかと言えばオーラルセックスでの感染の方が可能性は高い傾向にあります。
咽頭クラミジアの症状は基本的にはあらわれません。症状があったとしても軽い風邪のような症状が多いため、ただの風邪だと勘違いする人がほとんどです。また咽頭クラミジアになったからと言って自分の性器にも感染するのかというとそうではありません。性器にクラミジアが存在するためには性行為を行うほかないからです。そのためこの2つのクラミジアの違いを理解しておくことが必要です。