クラミジアは自覚症状がない恐ろしい病気です。自覚症状がないことの何が恐ろしいかというと、感染していることに気づかないまま性交渉を重ねてしまうことです。そうしてクラミジアが大規模な性感染症となってしまうのです。

自分の知らない間にクラミジアにかかってしまっていて、性行為を控えるか悩む女性

舌にできる性病クラミジア、カンジダ

性病の一部は舌や喉に感染し、口のなかに症状がでてきます。梅毒の場合は出来物、淋病では喉の痛みがあります。クラミジアとはなにか、もっとも多い性感染症で有名です。国内だけでも、100万人ともいわれています。クラミジアで注意が必要なのは、症状にきずかないまま多くの人に感染させてしまうことです。特に、複数の相手と性行為をすることで感染を拡大させてしまうことです。クラミジアの症状は、これは男女で違いがあります。男性は特に注意が必要です。症状が現れないことも多く、知らない間に性行為を行ってしまうことです。排尿時の痛みや、違和感、尿道のかゆみや不快感などがあらわれます。さらにひどくなると、熱が出たりするのでおかしいと思ったら早く病院に行きましょう。女性の場合も症状が現れないといわれています。おりものの増加、下腹部痛があります。こうした症状はふだんでも起こることなので、見極めることは難しいでしょう。次にカンジダについて、おりものやかゆみを伴う病気に膣カンジダがあります。女性なら疲れた時など起こりやすい病気です。デリケートな病気なので、病院にいきずらいですが。自然治癒も可能ですが、中には危険な病気が隠れているかも知れないので早めに病院にいきましょう。膣カンジダは、膣のなかいカンジダというカビ菌が感染して起こる病気です。おもな症状は、膣周辺の強いかゆみ、ヒリヒリする感じ、排尿痛、性交痛、出血などです。夜も眠れないほどのかゆみが起こり、一度直っても再発しやすいのが厄介です。普段から膣カンジダにならないよう予防しましょう。免疫力が低下することでも起こりやすくなります。ストレス、睡眠不足など。また、性病か性病でないかわからない症状として舌に症状が出る場合があります。ぜつがん、口腔カンジダ、食物アレルギーなどです。