クラミジアは自覚症状がない恐ろしい病気です。自覚症状がないことの何が恐ろしいかというと、感染していることに気づかないまま性交渉を重ねてしまうことです。そうしてクラミジアが大規模な性感染症となってしまうのです。

自分の知らない間にクラミジアにかかってしまっていて、性行為を控えるか悩む女性

クラミジアは気づかないところで増えているの全体記事一覧

  • 舌にできる性病クラミジア、カンジダ

    性病の一部は舌や喉に感染し、口のなかに症状がでてきます。梅毒の場合は出来物、淋病では喉の痛みがあります。クラミジアとはなにか、もっとも多い性感染症で有名です。国内だけでも、100万人ともいわれています。クラミジアで注意が…続きを読む

  • 透明な粘液が出るクラミジア感染の推移

    性感染症の中で最も感染者数が多いのはクラミジアです。 感染力が強いことと自覚症状がほとんどないため感染に気がつかない人が多いことが原因と考えられています。 主な感染ルートは性交になります。 飛沫感染や空気感染、接触による…続きを読む

  • STDのクラミジアは同性でも感染する

    厚生労働省は性感染症STDの患者数を定点医療機関からの報告で集計しています。 最も患者数が多いのがクラミジアによる感染症です。 他のSTDと比較しても群を抜いて報告されています。 患者数の男女比はほぼ同じ割合です。 感染…続きを読む

  • クラミジアが病原菌の場合のいぼの発症

    性交の時にパートナーから淫部にいぼのようなあると言われたら注意が必要です。 女性なら外陰部、男性なら亀頭や陰茎、性別問わず肛門の周辺に米粒ぐらいのいぼで先端が尖っているような形です。 密集することもあります。 それは性感…続きを読む