クラミジアは自覚症状がない恐ろしい病気です。自覚症状がないことの何が恐ろしいかというと、感染していることに気づかないまま性交渉を重ねてしまうことです。そうしてクラミジアが大規模な性感染症となってしまうのです。

自分の知らない間にクラミジアにかかってしまっていて、性行為を控えるか悩む女性

透明な粘液が出るクラミジア感染の推移

性感染症の中で最も感染者数が多いのはクラミジアです。
感染力が強いことと自覚症状がほとんどないため感染に気がつかない人が多いことが原因と考えられています。
主な感染ルートは性交になります。
飛沫感染や空気感染、接触による感染はありません。

クラミジアは粘液に存在します。
粘液が交わるような状況です。
性別に問わず性交において菌保有者の粘液と接触した場合に5割以上の確率で感染すると言われています。

感染しても推移はあまり早くありません。
潜伏期間が1週間から3週間と言われています。
この間に検査をした場合、発見できないおそれもあります。
発症後も顕著な症状は見られません。
主な変化としては尿道や子宮頸管などの感染部位の違和感やかゆみです。
その後男性では尿道から透明な粘液状のものが出てくることがあります。
何もしていないのにそのような粘液が出るようなら検査が必要です。
女性の場合は、おりものの増加として現れます。
量の変化なので、普段から気にしていないと気がつけないかもしれません。

治療としては抗生物質の服用になります。
その時の注意事項としては、決められた用量を確実に服用することです。
抗生物質は体内で菌を死滅させるために必要な濃度が決まっています。
その濃度にするために必要な量を数回に分けて服用しています。
服用後は有効な濃度がある程度の期間持続して菌に対抗することができます。
途中でやめてしまうと濃度に達しないため十分に機能しないおそれがあります。

だから服用してすぐに透明な粘液が出なくなったからと言って安心してはいけません。
菌の威力が弱くなっているだけかもしれません。
時間が経って抗生物質の濃度が下がったら繁殖する恐れがあります。