クラミジアは自覚症状がない恐ろしい病気です。自覚症状がないことの何が恐ろしいかというと、感染していることに気づかないまま性交渉を重ねてしまうことです。そうしてクラミジアが大規模な性感染症となってしまうのです。

自分の知らない間にクラミジアにかかってしまっていて、性行為を控えるか悩む女性

クラミジアは気づかないところで増えているの2017年6月記事一覧

  • 舌にできる性病クラミジア、カンジダ

    性病の一部は舌や喉に感染し、口のなかに症状がでてきます。梅毒の場合は出来物、淋病では喉の痛みがあります。クラミジアとはなにか、もっとも多い性感染症で有名です。国内だけでも、100万人ともいわれています。クラミジアで注意が…続きを読む